ルナメアACはニキビやニキビ跡に使っても意味がない?その真相とは?

ルナメアACは、あの「アスタリフト」で有名な富士フイルムが研究・開発したニキビケア用化粧品。

もちろんニキビケア用ですから、ニキビには効果的にその威力を見せてくれます。

でも「ニキビ跡」にはどうでしょうか?

 

きっとニキビ跡に対する効果が気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、ルナメアACがニキビ跡へいったいどのような効果をもたらすのか検証していきたいと思います。

 

ニキビ跡ってどうして出来るの?

思春期ニキビと違い「大人ニキビ」は生活習慣の乱れ等が主な原因と言われています。

生活習慣の乱れは

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 水分不足
  • 食生活の乱れ
  • ストレス

といった社会人には切っても切れない原因が主なんですね^^;

更に「お酒やタバコ」等も影響しているでしょう。

そんな生活習慣が乱れたお肌には、ニキビが発生しやすくなります。

そしてターンオーバーの遅れも生じてくるんですね。

ターンオーバーとは、お肌の基底層に出来た新しい肌組織が細胞の変化を繰り返しながら徐々に表皮へと上昇し、最終的に古い角質(アカ)となって剥がれ落ちるまでのお肌のサイクル・新陳代謝の事を言います。

実はニキビなどの肌トラブルは、ターンオーバーで古い角質と共に無くなっていくんですね。

ですがこのターンオーバーが遅れると古い角質が剥がれ落ちず、いつまでも留まってしまいます。

そのニキビが更に悪化し、最終的に「ニキビ跡」として残ってしまうんですね^^;

つまり、ターンオーバーを正常に戻し「古い角質を除去」出来れば、徐々にニキビやニキビ跡はなくなるという訳なんですよ!

(※ちなみにターンオーバーは10代20代が約28日周期、30代40代が約45日周期で訪れると言われています)

 

ルナメアACをニキビ跡に使って効果ある?

ではルナメアACは、そんなニキビ跡に使って何か効果があるんでしょうか?

実はルナメアACに含まれる

  1. アクネシューター
  2. ファイバースクラブ

といった富士フイルムの独自ナノ技術で開発した成分なら、古い角質をニキビ跡と共に洗い落とすお手伝いをしてくれるんですね!

 

アクネシューター

ルナメアACに含まれるアクネシューターは、その名の通り「ニキビの原因アクネ菌」に直接働きかけ、しっかりとケアしてくれる成分です。

私たちの毛穴には脂分がありますが、アクネシューターはその脂分に磁石の様にくっ付く性質を持っているんですね。

その性質を利用し、毛穴の奥の奥まで浸透してニキビの原因やニキビ跡に届きます!

 

ファイバースクラブ

ルナメアACに含まれるファイバースクラブは糸状の「毛穴よりも細い」植物繊維で出来ています。

この繊維が毛穴に集中的に潜り込み

  1. 皮脂
  2. 角栓
  3. 黒ずみ

といった汚れに絡みつき、ニキビ肌やニキビ跡をケアしてくれます!

こういった成分が、ニキビやニキビ跡に苦しむ私たちの肌トラブルに効果的に作用し、ターンオーバーの改善にも繋がる可能性が期待出来るんですよ^^

とにかくニキビ跡のケアに大事なのは「ルナメアAC」による、洗顔なんですね!

きっとルナメアACで毎日洗顔していれば、いつの日かニキビやニキビ跡の無いキレイなお肌に戻れるかもしれませんよ!

関連記事

ルナメアACはニキビに効果無しだった?成分や使い方も嘘の可能性が?